日本三大桜の名所 奈良・吉野山         2012.04.15〜17

中千本と如意輪寺

昨年、10月に吉野山の善福寺にお参りした時、春の花見は2泊でと言われたので、宿をとってもらう。

八咫烏神社 本殿

サッカーボールを乗せた、八咫烏

4月15日 曇り

吉野への途中、八咫烏(ヤタガラス)神社という社がカーナビに載っていたので、立ち寄る。

吉野山への道は、車両立ち入りは制限されていて一般花見客は、進入できない。

一般花見客ではない私は、免許証・車検証を提示し、警察官に臨時許可証を作ってもらう。

どうして、一般花見客ではないか、・・・・というと・・・・・、 泊まりの客だから(笑)

渋滞もなく、無事に宿の太鼓判・花夢花夢に到着。

通行許可証

車を宿の駐車場に止め、歩くと  人で渋滞

金峯山寺 蔵王堂でご本尊のご開帳をしているので、お参り。

金峯山寺 蔵王堂

金剛蔵王権現

釈迦如来   千手観音   弥勒菩薩

シャッターを頼まれ、初めて二眼レフカメラを触る。

親密なカップルが、偶然後ろに写っている。

金剛蔵王権現は

過去・現在・未来に渡って私たちを救済させる為、悪魔を降伏させる忿怒の相の姿で出現された。

その姿、顔は恐ろしい形相をしているが、なぜか安堵感を覚える。

 

昨年秋に吉野山へ登る前に車で行った、脳天大神龍王院へは、下りの階段480段降りると行けるのだが、

480段降りるという事は、帰りは延々と階段を登らなくてはならない。

・・・それも、修行のうちと、階段を下りていく。

階段の途中にあった、お地蔵さんのマンション?

長い階段を降りて行く

脳天大神龍王院

行きも、帰りも 林の中のウグイスの鳴く声がする。

動きがはやく、写真には撮れなかったが、姿をみる事ができた。

ライトアップされた、桜を 善福寺の住職さんに案内していただく。

4月16日  曇りのち雨

善福寺の住職さんと、早朝の写真撮影 朝6時から

恐れず急な斜面に入りシャッターを切る住職

わらびなど、山菜もたくさん出ている。

香港から新婚旅行に来たというカップル

8時ごろになると、人も増えてくる。

早朝の撮影会の後、桜展示園で、宿で作ってくれた、おにぎり弁当で朝食

しばらく、のんびりとして、宿へ帰り、昼寝?朝寝?午前寝?

昼食を、食堂太鼓判で食べ、奥千本行きのバスに乗る。

バス待ちの列

奥千本の金峯神社 桜はまだつぼみ

上千本 5分咲きくらい

中千本は、ほぼ満開

.

上千本花矢倉展望台の近くから、ハイキングコースへ入るつもりだったが、

道がよくわからなかった事、雨が降ってきた事で、舗装道路で降りてくる。

善福寺脇の光景  雨、桜吹雪が趣き深い

4月16日 晴れ

8時のバスで、奥千本へ

やはり、青空は良いものだ、この日は間違えずに、ハイキングコースへ入る。

林の中のハイキングコースを抜けると

突然、視界が開け、桜の山が一望できた。

上千本、中千本、如意輪寺と巡る。

ハイキングコースで、上千本 稚子松地蔵 中千本 如意輪寺 五郎兵衛茶屋 と歩く。

井光山 善福寺

満開の桜ともお別れ

善福寺 ご住職のお勧めにより、2泊での吉野山花見三昧を満喫できました。

歩行者だらけの道を進む

My Jeep ラングラー アンちゃんも 桜満喫

2012年 4月 吉野山へ