秋の奥伊勢湖     2018.11.14

平日に、紅葉のカヌーを漕ぎたい

という人たちのわがままを聞いて、

紅葉しているかな? の 奥伊勢湖に出かける。

奥伊勢PA

前回は水の中だったが 浜になっていた。

東名阪道 御在所SAで、待ち合わせ 

土日は朝早くから大渋滞する四日市付近も、平日は流れがよく、

自宅から30分程度で 到着。

8:00に 御在所SAを出発し、伊勢道から 紀勢自動車道 へ 奥伊勢PAでトイレ休憩

大宮大台ICで降り、奥伊勢湖に 9:30頃到着

水位が低く、漕ぎだからきれいな水

4艇5名の参加 先行する2艇は、他のグループ

一本目の橋を通過

綺麗な水面に流れる落ち葉

ときおり吹く風に向かい漕ぐ。

カナディアンにダブルパドル(北海道天塩川で覚えた、風に対抗する方法)が役に立つ

透き通り、湖底がきれいに見える

途中休憩  11時頃

コーヒータイム

本格イタリアン エスプレッソ コーヒー

晴れ、時々曇り、時たま吹く風

水はとっても綺麗で、湖底もはっきり見えるのだが、

前回の様な、艇が宙に浮いているような写真は撮れない。

こんなにきれいな水を漕ぐ事ができるのは、とっても幸運

前回、きれいな支流が流れ込んでいた場所へ到着。

もうすでに湖ではなく、流れる川となってる。

ここまでとして、ランチタイム

2本目の橋の手前で上陸  12時少し前

昨夜到着したという新艇 パックラフトの進水の儀を執り行う。

Yさんの新艇、NRS製パックラフトは、

私の知るパックラフトと比べ 一人用でも長い 舳先が細目でスマート

直進性がとっても良いようだ。

パックラフトもだいぶ進化しているようだ。

Sさんの リンクス2  宙に やや浮く感じに撮れた(笑)

Yさん 快調

Oさんも カナディアン・ソロで快調

とっても良い空気

湖底に映る 自艇の影を写しながら漕ぐ

のんびりと、漕ぐ。

軽い追い風でとっても楽ちん

青い空に白い雲、 美鈴な水に やや紅葉(笑)

一つ目の橋が見えてきた

コバルトブルーの水

スタート地点に到着  14時ごろ

前回は、このスロープまで水面だった

カヌー積載 帰路に着く

現地解散で、 キャンプする人、 高速道で帰る人、 一般道で帰る人、 

それぞれに帰路に着いたのであった。

高速道を走った私は、 鈴鹿付近で渋滞 けっこう時間がかかってしまった。