2004年 7月 《 沖縄 》  

ジンベエザメとの出会い

美味いもの、そして美しい風景

 

「 伊計島のさとうきび畑と空と海」

※下の画像をマウスポイントすると、もう1つの画像を表示し、画像説明文が表示されます。


時代屋7/17 沖縄へ向かうJAL機から

青空と積乱雲、真夏の天候だ、

那覇 も、暑い、  でも、名古屋より涼しい。 
   
画像をポイントで 昼食の「沖縄すば」を食べたお店「時代屋」

「そば」、は標準語で、沖縄弁では「すば」と言うのだそうだ。

そーきすば、と三枚肉すばを食べる。 

沖縄すばは、ラーメンとうどんの中間の様な、不思議な食感。

 

空港から なんくるダイバーさんの迎えで、 ショップへ

読谷港から、ボートで沖へ、

体長7m、体重約800kgのジンベイエザメに会いに潜る。

←写真をクリックすると、ジンベエザメ・全画面スライドショーへ  

写真を一覧でご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい。

ダイビング終了後、 ホテルに送ってもらい、

国際通りの、なかや食堂で、夕食 このお店は、安く、美味かった。

島だこ、ゴーヤの天婦羅、と定食を食べ、オリオンビールと、泡盛「残波」を飲む。  

この日は、早めに就寝。

 

7/18 朝、 7時30分 ダイビングショップの迎えで、 

嘉手納港から 出発

1本目は、 ディープダイビング。

2本目は、海中洞穴ダイビング、洞穴内で一度海面に出て小休止。

      再度、潜行して、帰ってくるというものだった。

      ただ、2本目はカメラ不調で、写真はない。

写真をクリックすると、真栄田岬ダイビング・全画面スライドショー

写真を一覧でご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい

 

♪川は流れてどこどこ行くの〜ダイビング終了後、2時過ぎに、ホテルまで、送ってもらう。

遅い昼食を、昨日夕食を食べた店で食べる。

 時間が遅く、他の店は営業していなかった。

 このお店は、観光客相手ではないので、営業していた。

その後、国際通りを散策、 

 ← 県庁前の、観光人力車  

画像をポイントで 街角でやっていた、民謡ライブ

 

県庁たばこ屋の、元看板娘さんに、ミリタリーショップの場所を聞き

アメリカ屋で、買い物

 

歩き疲れたので、モノレールに乗る

県庁前駅から 牧志駅まで 2区間乗車 200円

画像ポイントで、モノレールから見た県庁舎

 

以外に美味しかった、山羊の刺身 夕食は、国際通りの 「島唄」 へ、

沖縄民謡のライブを聞きながら、泡盛を飲み、 いっしょに踊る。

以前、西表島の由布島への牛車の中で聞いた「十九の春」を

リクエストしたが、この唄は、元々、鹿児島の唄で、

田端義男が ヒットさせ、有名になった唄だそうだ。

 

画像をポイントで 初めて食べた、山羊の刺身

食事と民謡、踊りを楽しんだ後、国際通りをブラ付き、マンゴー、ドラゴンフルーツなど買い物

ホテルに戻り、 ドリンクサービス券があった事を思い出し、

ホテルのバーへ、 席が一杯で、カラオケルームの席となってしまったが、

酒を飲んで、カラオケルームにいるなら、歌わねば・・・・と、

南の島の夏の季節なのに、「雪国」などを歌ってしまう  ♪ 好きよ〜、あなた〜、好きよ〜沖縄、・・・・・

  素浪人Uも、負けじと、 「いい日旅立ち」   ♪ いい日、旅立ち、 沖縄の海へ〜

泡盛飲んで、珍しいもの、美味いもの食べて、沖縄民謡踊って、カラオケ歌って・・・・遊びつかれて・・・寝る


7/19 朝 ホテルをチェックアウト、レンタカーを借り、まずは、地元スーパーへ、買い物。

そして、高速道路を走り、海中道路 伊計島を目指す。

石油タンク群

これが、5つの島を結ぶ、海中道路である

 

画像ポイントで  巨大なタンクが並ぶ、石油基地

この為に出来た道なのか、と納得

 

 

変わった形の岩

とっても、美しい海

これなら、海水浴もしてみたくなる。

 

画像ポイントで、

波の浸食で出来た、不思議な形の岩がたくさん見えた。

 

マンゴー? パパイヤ??伊計島の先端にあった、水戸藩士の家

画像ポイントで 

さとうきび畑のとなりにあった、パパイヤ

熟する前に収穫し、パパイヤを野菜炒めで食べると

最高に美味しいそうです

 

南の楽園?

島と島を結ぶ、 海中の橋

 

画像ポイントで 沖に見えた小さな島

まさに、楽園の雰囲気

 

 

地下へのトンネル豊見城市の 海軍司令部濠に立ち寄る

 

画像をポイントで  地下へのトンネル

 

 

 

その後、新しく出来たという、アウトレットモールで、買い物をし、

レンタカーを空港店に返却、 那覇空港から  帰路に着く

 

伊計島のさとうきび畑     ざわわ、ざわわ、ざわわ・・・唄が聞こえてきそうだ。